HOME>イチオシ情報>出版業界の求人どこで探すのが効率的?短期決戦転職法とは

出版業界で働こう!

自分が携わった出版物が全国の書店やコンビニに出回ることになったらとてもうれしいですよね。出版業界で働けるチャンスがここにあります!

出版業界の求人情報はここから得ましょう

  • 出版業界専門の転職情報サイトをチェックしよう
  • 出版業界に強い転職エージェントに登録しよう
  • 企画や校正の仕事から出版業界とのパイプを作ろう
  • 同人誌専門印刷所なども出版業界の一つ
  • まずは出版業界のアルバイトから始めるのも一案
  • 大手出版社に限るとハードルが高くなります
  • コネで仕事を見つける方法もアリです
  • フリーアルバイト情報誌も侮れません
  • 広告業界のアルバイトから求人情報が転がってくることも
  • 出版業界はハローワークでは見つかりません

新たな波に乗れるような所を吟味する

読書

紙媒体の本が好きで、出版業界の求人を探している人はいないでしょうか。電子書籍等に押されている中でも、やはり紙媒体の本が読みたいというニーズもまだまだあります。そんな出版業界の求人を選ぶ時のポイントとしてはまず、新たな波に乗って上手く対応出来る所かを良く調べましょう。今やほとんどの出版会社がこれまでのベストセラー等の電子化に取り組んでおり、そこからまた紙媒体へ等と巻き返しを狙っています。さらに、紙媒体の良さを改めて伝える取り組みをしている会社も多いようです。いずれにせよ、時流に乗れている取り組みを行っている所でなければ今後はあまり見込めません。有名であるという事も求人選びの際には大事ですが、そうした点も一度立ち止まって見ておきたい所です。

マーケティングを重視しているか

本棚

また、出版求人を選ぶ際にはその会社がマーケティング調査に積極的かどうかも調べましょう。今や綿密なマーケティング調査により規格を行わなければ、どんなに良い内容の本でも売れる保証は無くなりました。そのような面でも、時流に乗れているかというかどうかをじっくりチェックしましょう。

非公開のものから選ぶ手も

本棚

最近では、出版業界等の専門転職エージェント等も見られるようになりました。そこに登録し、会員しか見る事の出来ない非公開求人から選ぶというのも一つの手です。業務内容や給与面等で優れている所も多いので、応募しないにしてもこれを求人条件の水準として物差しにするという使い方もあります。